Yahooサジェストの削除対策

検索エンジンYahoo!での検索において、検索ワードに関連する候補ワードとして表示されるサジェスト機能をご存知でしょうか。
サジェストは、ユーザーが検索バーに入力する際に、関連するキーワードを候補として自動的に表示してくれる機能です。
しかし、企業や個人にとって、このサジェストにネガティブな内容が表示されてしまうことがあります。
そのため、「どうにかしてこのネガティブなサジェストを削除したい」とお悩みの方も少なくないでしょう。

そこで本ページでは、このYahooサジェストの削除方法について詳しくご説明いたします。
まず、どのような条件で削除が可能か、そして具体的な削除手順について解説します。
さらに、ネガティブなサジェストが表示されないようにするための効果的な対策法もご紹介します。

Yahooサジェストのネガティブな内容にお困りの方にとって、有益な情報を提供できるよう努めますので、ぜひ参考にしてください。
これらのYahooサジェストの削除対処法を実践することで、検索結果における企業や個人のイメージを改善し、より良いオンラインプレゼンスを築く手助けとなることでしょう。

詳細については、以下をご覧ください。

Yahooサジェストとは?

Yahooサジェストとは、Yahoo!検索エンジンの検索窓に検索キーワードを入力しているときに、検索キーワードに関連するキーワードを予測して検索窓のすぐ下あたりに自動的に表示してくれる機能のことです。
正式名称をYahoo!(ヤフー)では「キーワード入力補助機能」といいます。
Yahooサジェストについての詳しい情報は、YahooサジェストPRのページをご覧ください。

サジェストは英語で「suggest」日本語にすると「提案する」や「連想させる」という意味です。
その名の通り、ユーザーが入力したキーワードに関連するワードを検索エンジンが自動的に提案してくれる機能です。

サジェストを利用すると、入力したキーワードに関連する様々な候補キーワードが自動的に表示されるため、ユーザーはより効率的に検索体験ができるようになります。
また、検索するときに、具体的なキーワードが思い浮かばないことがありますが、そんなとき、Yahoo!サジェスト機能は非常に役立ちます。
例えば、ある人物について詳しく知りたいけれど名前の一部しか覚えていない場合、その部分的な情報を入力するだけで関連する候補が表示され、目的の情報にたどり着きやすくなります。

Yahooサジェストとは?

Yahooサジェスト

具体的には、「渋沢栄一」を調べたいときに、Yahoo!の検索窓に「しぶさ」とひらがなで入力すると「渋沢栄一」や「渋沢栄一 何した人」「渋沢栄一 お札」などがサジェスト箇所に自動で表示されます。

このように、Yahooサジェストは非常に便利な機能ですが、一方で困っている企業や個人も少なくありません。
もしYahooサジェストにネガティブなキーワードが表示されてしまったら、どうしても気になってしまうものです。
例えば、ある企業名を入力したときに「悪評」や「トラブル」といったネガティブなワードがサジェストされると、その企業に対する印象が悪くなり、信頼性が損なわれる可能性があります。
これは企業にとって大きな問題となりえます。

\ Yahooサジェスト削除のお問い合わせ /

Yahooサジェストが表示される仕組み

Yahoo!の説明によると、サジェストが表示される仕組みは「Yahoo!検索の利用者が入力したキーワードやその組み合わせを機械的に収集・処理した結果をもとに、検索キーワードの組み合わせなどを自動的に表示する」というものです。

「関連検索ワード」の情報は、Yahoo!検索に入力されるキーワードの組み合わせや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものや関連性の高いものを独自のアルゴリズムに基づいて自動的に表示しています。
引用:Yahoo!検索ヘルプ「関連検索ワードとして表示される情報について」

つまり、個々の入力履歴やキャッシュは利用されず、検索ユーザー全体の行動統計をもとにしたアルゴリズムでサジェストの候補を自動的に抽出しているのです。

このように、Yahoo!サジェストの場合、検索クエリの評価に重点を置いており、Googleほどキーワードと公開されているWeb上の情報との関連性を重視していません。
そのため、Yahoo!とGoogleのサジェストには予測変換の仕組みに違いがあり、同じキーワードを入力してもサジェストに表示される関連ワードは異なります。
さらに、ニュースサイトや掲示板サイト、XやFacebookなどのSNSで話題となる内容が投稿されると、それが予測変換に反映されやすいという特徴もYahooサジェストにはあります。

このアルゴリズムは、多くのユーザーが実際に検索したキーワードやその組み合わせを分析し、人気のある検索ワードをサジェストの候補として表示します。
Yahooサジェストはこのような仕組みのため、一度ネガティブなキーワードが表示されると、クリックされ検索される機会が多くなり、それがサジェストに表示されやすくなるのです。
このような状況が企業や個人にとっては悩みの種となることがあります。

総じて、Yahoo!のサジェスト機能はユーザーにとって便利なツールである一方、ネガティブなサジェストが表示されることによるリスクも存在します。
そのため、企業や個人はこのリスクを理解し、適切に対処する方法を知っておくことが重要です。

参照:Yahoo!検索ヘルプ「関連検索ワードとして表示される情報について」
https://support.yahoo-net.jp/PccSearch/s/article/H000007989

Yahoo関連検索ワードとの違い

Yahoo!検索を利用する際に、検索をサポートしてくれる便利な機能に「Yahoo関連検索ワード」があります。
これは、検索結果ページの検索窓のすぐ下に、虫眼鏡マークと共に「○○ △△ で検索」と表示されるキーワードのことです。
検索結果ページをスクロールした画面の一番下にも表示され、関連検索ワードという表記で、上部のキーワードを含んだ最大10キーワードが表示されます。

Yahoo関連検索ワード(パソコン検索時)上部

Yahoo関連検索ワード(パソコン検索時)上部

Yahoo関連検索ワード(パソコン検索時)下部

Yahoo関連検索ワード(パソコン検索時)下部

検索したキーワードに関連する言葉が表示され、それをクリックするだけで簡単に再検索できる便利な機能です。この虫眼鏡マークから、「Yahoo!虫眼鏡」とも呼ばれています。

Yahoo!関連検索ワードは、Yahoo!検索ユーザーが入力したキーワードの組み合わせや関連性が高いと判断されるキーワードを、Yahoo!が機械的に収集して自動的に表示するものです。
検索回数が多く、関連性が高いキーワードほど表示されやすい仕組みになっています。

Yahoo!サジェストとは異なる内容が表示されることもありますが、似たような内容が並ぶことも多いです。
Yahoo!のサジェスト機能や関連キーワード表示機能は、Googleの同様の機能と比較して、比較的シンプルに構成されています。

デバイスによる違い

Yahooサジェストは、パソコンで検索した場合とスマートフォンで検索した場合では、異なるサジェストが表示されます。
(検索キーワードによって、同じキーワードが表示される場合や似たキーワードが表示される場合があります。)

Yahooサジェスト(パソコン検索時)

Yahooサジェスト(パソコン検索時)

Yahooサジェスト(スマートフォン検索時)

Yahooサジェスト(スマートフォン検索時)

上記のキーワードの画像は、同じ時間帯に同じ環境下で検索した結果のサジェストです。
似たキーワードが表示されていますが、表示順が異なっていたり、異なるキーワードが表示されていることが確認できます。

検索地域による違い

Yahooサジェストは検索する地域によって表示されるサジェストは変わりません。

東京で検索しても大阪で検索しても同じキーワードがサジェストが表示されます。

Yahooサジェスト汚染とは

サジェストは、ユーザーが関心を持っている情報に簡単にアクセスできるようにするため、検索を目的とする多くのインターネットユーザーにとって欠かせない機能です。

この機能は検索の効率を大幅に向上させるため非常に便利ですが、一方で「サジェスト汚染」と呼ばれる新たな問題も生じています。
Yahoo!の検索窓にに会社名や店舗名、商品名やサービス名入力している際に「ブラック」「詐欺」「逮捕」などネガティブな風評キーワードが表示されていたら、検索ユーザーはどのようなイメージをもたれるでしょうか。

Yahooサジェスト汚染とは

会社名や商品名など指名検索をするユーザーは、その会社や商品に興味をもっている方々です。

・会社に新卒や転職で入社しようと考えている方
・新たにサービスを契約しようと考えている方
・お取り引きをスタートしようと検討している企業担当者
・商品を購入しようとしている方

これは企業や個人の評判に悪影響を与えるもので、ネガティブなキーワードが表示されることで、そのネームバリューが損なわれることを指します。

サジェストは、ユーザーがキーワードを入力した際に最初に目にする情報であり、人間の第一印象に相当します。
人でも第一印象が悪いと不安や心配になることがありますが、サジェストも同様で、ネガティブなキーワードが表示されると悪い印象を与えてしまいます。
このような状態は「サジェスト汚染」と呼ばれ、この状態が続くと企業や商品のイメージが損なわれるリスクや、営業活動や採用活動に支障が出るリスクがあります。

そのため、サジェスト対策を行ってサジェスト汚染を解消することが重要です。
近年、ブランディングの一環としてサジェスト対策に力を入れる企業が増えています。

\ Yahooサジェスト削除のお問い合わせ /

企業名や店舗名のサジェスト汚染

企業名や店舗名でサジェスト汚染が発生すると、会社や店舗に関するネガティブなキーワードがサジェストに表示されます。
もしも、ニュースサイトや掲示板サイト、XやFacebookなどのSNSで会社に対する否定的な評判や噂が投稿されたり、店舗の体質について批判的な内容が書かれたりすると、これらの情報に検索ユーザーが簡単にアクセスできるようになります。
これらの情報が事実無根の噂であっても、インターネット上にそれらの情報が存在し、ユーザーが関心を持って検索すれば、サジェストに反映される可能性があります。

企業名や店舗名のサジェスト汚染の例
「業務停止」「営業停止」「ブラック」「パワハラ」「炎上」「被害者の会」「過労死」「訴訟」「詐欺」「まずい」「倒産」

営業先や取引先が会社名や店舗名を検索した際に、このようなサジェスト汚染を見たらどう感じるでしょうか?
たとえ事実でなくても、取引先や顧客が疑念を抱くことで信用が低下する可能性があります。
従業員にとっても不信感を抱く原因となり、離職率が上がったり、新しい応募者が減少して採用に悪影響を及ぼすことが考えられます。
さらに、サジェストのネガティブなキーワードをクリックすると、否定的な情報が記載されているページにたどり着きやすくなり、それらを目にすることで会社や店舗に対する印象がさらに悪化しやすくなります。

商品名やサービス名のサジェスト汚染

商品名やサービス名のサジェスト汚染が発生すると、検索窓にその商品やサービスに関するネガティブなキーワードが表示されます。
例えば、「○○ 不具合」や「△△ 悪評」といったキーワードが並ぶことで、潜在的な顧客やユーザーに悪い印象を与える可能性があります。

商品名やサービス名のサジェスト汚染の例
「汚い」「欠陥」「届かない」「不良品」「ネットワークビジネス」「ネズミ講」「マルチ」「悪徳」「解約できない」「効果ない」

掲示板やSNSでの不満や批判が元となり、これらのキーワードが検索エンジンに反映されることがあります。
これにより、商品やサービスを検討している人々がネガティブな情報に簡単にアクセスできる状況が生まれます。
結果として、購入意欲が低下し、売上やブランドイメージに悪影響を及ぼすリスクがあります。
このため、商品やサービスを提要する企業はサジェスト汚染に対する対策を講じ、ブランドの信頼性を守る努力が求められます。

個人名のサジェスト汚染

個人名の場合、本人に関するネガティブな噂や過去の問題、プライベートを揶揄するキーワードが表示されることが多いです。
企業名と同様に、これらのネガティブなキーワードが検索されると、検索エンジンはその検索クエリを蓄積し、「人気の検索ワード」として判断する可能性があります。
その結果、根拠のない噂であってもネガティブなキーワードがサジェストに表示されてしまうことがあります。

個人名のサジェスト汚染の例
「逮捕」「前科」「犯罪」「痴漢」「事件」「事故」「犯罪者」「不倫」「借金」「破産」「整形」「離婚」「トラブル」

個人名の場合、本人の人柄に関する内容が含まれることも多く、サジェスト汚染に遭った本人は大きな心理的打撃を受けることがあります。
さらに、結婚や転職などの人生の転機にも大きな影響を与え、汚染の被害が深刻化すると、デジタルタトゥーとして永続的に残ってしまう可能性があります。

\ Yahooサジェスト削除のお問い合わせ /

Yahooサジェストの削除方法

Yahooサジェストからネガティブなキーワードを削除する方法には、主に3つのアプローチがあります。

1.Yahoo!に削除依頼を申請する
直接、検索エンジンを運営しているYahoo!に対し削除依頼を出す方法です。
Yahoo!には、ネガティブなコンテンツを削除するためのガイドラインや手続きがあります。
これらを活用して、公式なルートを通じて削除を依頼します。

2.弁護士に依頼する
法律の専門家である弁護士に相談する方法です。
弁護士は、誹謗中傷や名誉毀損に対する法的措置を講じることができ、必要に応じて削除要請を行います。
また、法的な観点から確実にネガティブなサジェストを取り除くための手続きを進めてくれます。

3.サジェスト対策会社に依頼する
サジェスト対策を専門とする会社に依頼する方法です。
これらの企業は、検索エンジンのアルゴリズムやトレンドに精通しており、効果的な対策を提供します。
具体的には、ポジティブなキーワードを増やすためのコンテンツアプローチや、検索エンジンへテクニカルな働きかけを行います。

これらの方法を詳しく解説し、サジェスト汚染の解決方法についての具体的な手順や対策方法を説明します。
各方法のメリットやデメリットも紹介し、自分に合った解決策を見つけましょう。
これを読むことで、ネガティブなサジェストキーワードに悩まされることなく、効果的に対処できるようになります。

Yahoo!に削除依頼を申請する

Yahoo!でサジェストを削除したい場合、サジェスト汚染の削除依頼を出すことができます。
ただし、検索エンジンは公平性や利便性を重視しているため、名誉毀損や法的に問題がある内容を除いて、削除が認められるケースは少ないのが現実です。
具体的な削除手順については、Yahoo!検索ヘルプを参照し、そのガイドラインに基づいたキーワードであれば、一度削除申請を出してみると良いでしょう。

自分で削除申請を行い、申請が認められると、通常1ヶ月程度で削除されることが多いです。
しかし、1ヶ月以上経っても削除されない場合は、他の方法を検討することをおすすめします。
削除が認められるためには、明確な権利侵害を証明する必要があります。例えば、「評判」「口コミ」「2ch」などのキーワードは証明が難しいため、削除が認められにくいです。

申請後もサジェストが削除されない場合は、費用がかかるものの、弁護士に相談するか、サジェスト対策会社に依頼することが必要です。
サジェスト対策を自分で行うのは難しいため、専門家に依頼することを検討しましょう。
専門家は、法的な手続きや検索エンジンの仕組みに対する様々なアプローチでサジェスト汚染に対応し、効果的な対策を提供してくれます。

まずは、自分で削除申請を試み、必要に応じて専門家の助けを借りることで、ネガティブなサジェストキーワードの問題に対処しましょう。

【関連記事】Yahooサジェストの削除申請方法

弁護士に依頼する

汚染されたサジェストを自分で削除するのが難しい場合、弁護士に削除申請を依頼する方法があります。
法律の専門家である弁護士に依頼することで、自分で申請を行うよりも削除が成功する可能性が高まります。

弁護士に依頼するメリットは、風評被害に対する法律の知識を持っている点です。
弁護士は、表示されているネガティブなサジェストが具体的にどのような権利侵害に該当するかを明確に判断し、それに基づいて削除申請を行うことができます。
例えば、名誉毀損やプライバシーの侵害などの具体的な法的根拠をもとに、適切な削除要請を提出することが可能です。

さらに、弁護士はそれぞれ専門領域を持っているため、相談する際にはインターネットのトラブル解決に詳しく、実績のある弁護士を選ぶことが重要です。
具体的には、過去にサジェスト汚染や風評被害の問題を扱った経験がある弁護士を選ぶことで、より効果的な対応が期待できます。

弁護士に相談する場合の手順としては、まず信頼できる弁護士を見つけることから始めます。
法律事務所のウェブサイトや口コミ、実績などを参考にし、インターネット関連のトラブル解決に特化した弁護士を探しましょう。
その後、弁護士事務所の公式ウェブサイトや連絡先を通じて直接問い合わせを行い、初回相談を通じて具体的な手続きや費用について確認します。

最終的に弁護士に削除申請を依頼することで、サジェスト汚染の問題を効果的に解決できる可能性が高まります。
また、弁護士が正式な手続きを通じて削除要請を行うため、検索エンジン側も対応しやすくなるという利点もあります。

以上のように、汚染されたサジェストを削除する際には、弁護士の専門知識と経験を活用することで、より確実に問題を解決できるでしょう。

< 弁護士に依頼する上での注意点 >

一点注意点として、弁護士を通じて削除申請を行う場合、必ず企業と弁護士が直接やり取りを行い、両者間で直接契約を結ぶ必要があります。
間に第三者の会社を介して金銭のやり取りを行ったり、弁護士を名乗る会社が削除申請を代行する行為は違法(非弁行為)となります。

具体的には、削除申請の依頼をする際に、企業が弁護士と直接連絡を取り合い、契約内容や費用についての詳細を確認することが重要です。
弁護士以外の者が法的手続きを代行することは法律で禁止されており、これに違反すると企業も関与した第三者も罰則を受ける可能性があります。

サジェスト対策会社に依頼する

インターネットの風評対策業者は、サジェストがネガティブなワードで汚染された場合や、ネガティブな情報が検索エンジンの上位に表示されてしまった際に、効果的な対策を提供しています。
彼らに相談することで、サジェスト対策を行うべきかどうかを判断してもらえ、削除以外にどのような対策が必要かについての提案も受けることができます。

具体的には、風評対策業者はネガティブなキーワードの検索頻度を調査し、対策が必要なキーワードを特定します。
また、技術的なアドバイスや示談交渉以外の効果的な手法を提供することも可能です。
例えば、ポジティブなキーワードを上位に押し上げてネガティブなキーワードを押し下げる方法や、ピンポイントでネガティブキーワードを削除する方法などがあります。

弁護士に相談して削除が難しかった場合や、対策を行うべきか迷った際には、サジェスト対策を専門とする風評対策業者に相談することが有効な選択肢となります。
彼らは専門的な知識と技術を活用し、問題を効果的かつ迅速に解決するためのサポートを行います。
ネガティブなサジェストや風評被害にお悩みの方は、ぜひ風評対策業者への相談を検討してみてください。

Yahooサジェスト削除対策

私たち「SUGGEST-PR.com」では、Yahooサジェストに任意のキーワードを表示するPRサービスだけでなく、会社やサービスに対するネガティブなキーワードが表示されている際に非表示にする対策も行っています。

当社は10年以上にわたり、サジェスト機能と関連キーワードの研究を重ね、その成果を基にサジェスト対策をサービスを展開してまいりました。
その結果、サジェストや関連キーワードの非表示対策において、高い成功率を誇っています。

サジェストや関連キーワードは日々アップデートされ、そのアルゴリズムやロジックも頻繁に変わります。
しかし、当社ではこれらの変化に常に対応し、新しいロジックを迅速に把握して対策に反映しています。
これにより、常に最新の情報を元にした安定したサービスを提供することが可能です。

当社のサービスは、上場企業から中小企業など多くの幅広いクライアントにご利用いただいております。
個人事業主から大手企業に至るまで、多様なニーズに応えるため、柔軟かつ効果的な対策を講じております。

【過去にサジェストを削除した業界の例】
医療業界(美容整形クリニック、歯科、病院、脱毛サロン)
不動産業界(デベロッパー、ハウスメーカー、不動産売買)
教育業界(大学、専門学校、幼稚園、保育園、インターナショナルスクール)
人材業界(求人メディア、人材派遣、人材紹介)
広告業界(広告代理店、出版社、情報メディア)
飲食業界、小売業界、化粧品業界、各種通販
芸能業界(芸能人、ユーチューバー、芸能事務所)、個人

具体的な対策としては、ネガティブなサジェストや関連キーワードを押し下げるためのポジティブなキーワードを上位に表示させる方法や、ピンポイントでのネガティブキーワード削除などがあります。
また、これらの対策は継続的に行うことで、長期的な効果を維持しています。

私たちは常に最新の技術と知識を活用し、お客様の評判を守るために最善のサービスを提供し続けます。サジェストや関連キーワードに関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ当社のサービスをご検討ください。

当社では、Yahooサジェスト(キーワード入力補助機能)だけでなく、Googleサジェスト(オートコンプリート)やGoogle関連キーワード(関連するキーワード)Google他の人はこちらも検索、BingサジェストやBing関連ワードなど、あらゆる検索エンジンのサジェスト削除を対応しております。
サジェストにネガティブな風評キーワードが表示されてお困りの方はお気軽にご相談ください。

Yahooサジェスト削除に関するお問い合わせ

当Webサイトおよび当サービスに関するお問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。
※当チームは、エンジニアを主とするチームの為、お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お電話にてご相談されたい場合は、お問い合わせフォームにお電話番号をご入力の上、お問い合わせください。


    会社名

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号

    当チームからの連絡方法(必須)

    お問い合わせ種別(必須)

    お問い合わせ内容


    「SUGGET-PR.com」へのお問い合わせは、個人情報保護方針 にご同意いただき、お送りください。


    関連記事一覧