サジェスト汚染とは?原因や危険性、サジェスト汚染の対策方法

  • HOME
  • ブログ
  • blog
  • サジェスト汚染とは?原因や危険性、サジェスト汚染の対策方法

検索エンジンを利用する際に、「×× ブラック」「×× 最悪」「×× 危険」といった検索キーワードとともにネガティブなキーワードが表示されるのを見たことがあるかもしれません。
自社の名前や商品名、サービス名やブランド名を検索した際にこのような状況が発生すると、ユーザーに対して非常にネガティブな印象を与える可能性が高いです。
このような現象は「サジェスト汚染」と呼ばれています。

サジェスト汚染を放置することのリスクは容易に想像がつくでしょう。
検索結果にネガティブな情報が表示され続けることで、企業の信頼性やブランドイメージが損なわれる可能性が高まります。
しかし、多くの企業がどのように対策すれば良いのか分からずに悩んでいるのが現状です。

そこで今回は、サジェスト汚染について詳しく解説します。
サジェスト汚染とは何か、その原因、放置することのリスク、そして具体的な対策についてご紹介します。
サジェスト汚染に悩まされている企業の方々にとって、少しでも参考になる情報を提供できれば幸いです。

サジェスト汚染とは?

サジェストとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力すると、入力した文字の下部に自動的に表示される関連キーワードのことを指します。
これは検索エンジンがユーザーの入力をもとに、過去の検索データや人気の検索ワードを基にして予測した結果を提示するものです。
この機能により、ユーザーは効率的に検索を進めることができます。
しかし、この便利な機能が逆に問題を引き起こすことがあります。それが「サジェスト汚染」です。

サジェスト汚染とは、特定のキーワードを検索した際に表示されるサジェストが、自社や商品、サービスに対してネガティブな印象を与える状態を指します。
例えば、ユーザーが自社の名前や商品名を入力しようとすると、「×× パワハラ」「×× 詐欺」「×× 事件」といったネガティブなキーワードが自動的に表示されることを想像してください。
このような状況が発生すると、ユーザーはその企業や商品に対して悪い印象を抱きやすくなります。

では、このサジェストはどのような仕組みで表示されるのでしょうか?
サジェストが表示される仕組みとその要因を理解することで、サジェスト汚染に対して効果的な対策を講じるのに役立ちます。
以下でその詳細を解説します。

サジェスト汚染が発生する仕組み

サジェスト汚染への対策を講じる前に、まずサジェストがどのような仕組みで表示されるのかを理解しておくことが重要です。

サジェスト汚染が発生する仕組みは、検索エンジンのアルゴリズムとユーザーの検索行動に起因します。
GoogleやYahoo、その他の検索エンジンは、ユーザーが入力したキーワードに基づいて関連する検索候補を自動的に表示します。
このサジェスト機能は、過去の検索データや頻繁に検索されるキーワードを基にしています。

以下、GoogleとYahoo!JAPANのサジェストが表示される仕組みと、そのサジェストが汚染される原因について解説します。

Googleサジェストの仕組み

GoogleサジェストはGoogle検索エンジンのアルゴリズムによって自動的に作成されます。
Googleでは、この機能をオートコンプリートと呼んでおり、以下の仕組みに基づいて生成されています。

オートコンプリートの候補は、Google で行われた実際の検索を反映しています。Google のシステムは、表示する候補を決定するために、ユーザーが検索ボックスへの入力を開始した語句と一致する一般的なクエリを探しますが、以下の点も考慮します。

クエリの言語
クエリが実行される場所
クエリで注目を集めている関心事
ユーザーの過去の検索
オートコンプリートでは、上記の要因により、特定の場所または時間に適合する最も有用な候補(ニュース速報など)を表示することが可能になります。

また、完全な検索候補に加えて、実際の検索と、ウェブ全体で検出された単語のパターンの両方に基づいて、個々の単語やフレーズが候補として表示されることもあります。

引用:Google のオートコンプリート候補の仕組み

Googleのサジェストが表示される仕組みは、以下の5つのロジックに基づいていると考えられています。
それぞれのロジックがどのように機能し、どのような影響を与えるのかを詳しく見ていきましょう。

多くのユーザーによる検索傾向

Googleは、多くのユーザーが実際に検索しているキーワードのデータを蓄積し、そこからサジェストを生成します。
例えば、多くのユーザーが「東京 オリンピック」と検索した場合、「東京」と入力すると「オリンピック」というサジェストが表示されやすくなります。
これは、他のユーザーが関連性の高いキーワードを次々に検索する傾向に基づいています。
この仕組みにより、ユーザーが探している情報に迅速にアクセスできるようになっています。

トレンドキーワードの反映

Googleの検索エンジンやSNSで話題になっているキーワード、つまり検索数が急増しているトピックがサジェストに大きな影響を与えます。
Googleの検索エンジンやその他のSNSで話題となり、検索数が急上昇しているキーワードがサジェストに表示されることが多いです。
例えば、大きなニュースやイベントに関連するキーワードは、短期間で多くのユーザーに検索されるため、サジェストとして表示される可能性が高くなります。
これにより、ユーザーは最新のトレンドや話題に迅速にアクセスできるようになります。

関連するWebサイトの存在

サジェストの生成には、Webサイト内のキーワードも影響します。例えば、「株式会社××」と検索すると、その会社のWebサイトに「株価」というキーワードが多く含まれている場合、「株式会社×× 株価」という形でサジェストが表示されやすくなります。
これは、GoogleがWebサイトの内容をクロールし、関連性の高い情報をサジェストに反映させるためです。
企業やブランドに関する特定の情報を効率的に見つけるのに役立ちます。

検索位置による影響

Googleの検索結果は、ユーザーの物理的な位置情報に基づいてカスタマイズされることがあります。
例えば、あなたの職場が「渋谷」にあり、近隣で歯医者を探すために「歯医者」というキーワードを検索した場合、「歯医者 渋谷」と表示されやすくなります。
この位置情報に基づくサジェストは、ユーザーが地域に特化した情報を迅速に取得できるようにするためのものです。これにより、地元のお店やサービスに関する検索が便利になります。

パーソナライズド検索の適用

Cookieを利用して、ユーザーの過去の検索履歴や年齢、性別などの情報を基に、より個別化されたサジェストが表示される場合があります。

Googleの検索機能において、サジェストは自動的に制御されています。
しかし、この自動制御には限界があり、意図しないサジェストの汚染が発生することも少なくありません。
これは、予測候補が不適切な内容を含む場合や、ユーザーの意図とは異なる結果が表示されることを意味します。

Google自身も、オートコンプリート(サジェスト)機能が完全ではなく、時には予期せぬ候補が表示される可能性があることを認めています。
例えば、特定のトピックに関する不適切なキーワードがサジェストに表示される場合があります。これにより、ユーザーは意図しない検索結果に誘導される可能性があります。

こうした現象に対応するためには、適切な対策が必要です。まず、サジェスト汚染が発生した場合には、迅速に報告し修正する体制を整えることが重要です。
さらに、検索エンジンのアルゴリズムを改善し、より正確で適切なサジェストを生成するための継続的な努力も求められます。

具体的な対策としては、ユーザーからのフィードバックを積極的に収集し、問題のあるサジェストを迅速に修正することや、AI技術を活用してサジェストの精度を高めることが考えられます。
これにより、サジェスト機能の信頼性を向上させ、ユーザーが安心して検索を行える環境を整えることができます。

Yahooサジェストの仕組み

YahooサジェストはYahoo!JAPANの検索エンジンによるロジックに基づき自動的に生成され表示されます。
Yahoo!JAPANでは、この機能をキーワード入力補助機能と呼んでおり、以下の仕組みに基づいて生成されています。

関連検索ワードとして表示される情報について

「関連検索ワード」の情報は、Yahoo!検索に入力されるキーワードの組み合わせや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものや関連性の高いものを独自のアルゴリズムに基づいて自動的に表示しています。

引用:キーワード入力補助機能とは

Yahooサジェストが表示される仕組みは、基本的にはGoogleのサジェストと似ていますが、いくつか異なる点も存在します。
以下4つの基本的な仕組みについて、詳しく確認してみましょう。

他のユーザーの検索傾向

まず、Yahoo!JAPANでは他のユーザーが入力したキーワードと、それに続く2語目や3語目の組み合わせを自動的に収集し、サジェストとして表示します。
例えば、多くのユーザーが「沖縄 観光地」と検索した場合、次に「沖縄」と入力すると「観光地」がサジェストに表示されることが多くなります。
これは、検索傾向を分析し、多くのユーザーが関心を持つキーワードを優先的に表示するための仕組みです。

ユーザー個別の履歴やキャッシュ情報の不使用

Yahoo!JAPANのサジェスト表示では、ユーザーの個別の検索履歴やキャッシュ情報を利用しません。
これは、Googleと大きく異なる点の一つです。Googleでは、ユーザーの過去の検索履歴や閲覧履歴を基に、パーソナライズされたサジェストを表示します。
しかし、Yahoo!JAPANでは、すべてのユーザーに対して同一の関連キーワードが一律に表示される仕組みになっています。
このため、過去にどのような検索を行ったかに関わらず、同じキーワードを入力した場合に表示されるサジェストは同じです。

パーソナライズの欠如

Yahooサジェストは、個人に特化したパーソナライズされた形で表示されません。
具体的には、ユーザーの位置情報や過去の検索履歴はサジェストの生成に利用されないため、例えば「ランチ」と検索した際に、「ランチ 渋谷」のような近隣エリアのサジェストは表示されません。
これは、Googleのようにユーザーの位置情報を基にして、ローカルな情報を提供する仕組みとは異なります。

サジェストの一律性

Yahoo!JAPANでは、ユーザー個々の情報を利用しないため、サジェスト表示が一律化されています。
つまり、どのユーザーがどこで検索しても、同じキーワードに対して同じサジェストが表示されます。
この一律性は、特定のユーザーに特化した検索結果を避け、すべてのユーザーに均一な情報を提供することを目的としています。

このように、Yahooサジェストが表示される仕組みは、他のユーザーの検索データに基づいてキーワードを提案する点ではGoogleと共通していますが、ユーザー個別の履歴や位置情報を利用しない点で異なります。
このため、Yahooサジェストは、より一般的で一律の情報を提供する傾向があります。
これらの特徴を理解することで、Yahoサジェスト機能を効果的に利用できるようになります。

サジェスト汚染の原因

サジェスト汚染が発生する原因は、いくつかの異なる要素に起因しています。

主には、以下の原因と考えられています。

・ユーザーの好奇心によるクリック
・偶然のキーワードとの関連性
・悪意ある第三者によるスパム行為

ここでは、その主な原因を詳しく見ていきましょう。

ユーザーの好奇心によるクリック

サジェストに表示されるキーワードは、ユーザーの好奇心によるクリックを起こしやすい特性があります。
特にネガティブな内容のキーワードは、ユーザーの興味を引きやすく、クリックされやすいです。
この結果、サジェスト汚染が発生しやすくなったり、進行することがあります。

ユーザーが意図的にサジェスト汚染を引き起こしているわけではなくても、興味本位でネガティブなサジェストをクリックすることで、それがさらに表示されやすくなったり、表示が継続しやすくなります。

例えば、ある企業について悪い評判が立つと、その企業名と共にネガティブなキーワードがサジェストに表示されることが増えます。
ユーザーがそのサジェストをクリックするたびに、検索エンジンはそのキーワードの組み合わせが有用だと判断し、さらに多くのユーザーに対して同様のサジェストを表示するようになります。
このような悪い連鎖的な反応によって、サジェスト汚染が広がっていきます。

偶然のキーワードとの関連性

意図しない偶然のキーワードとの関連性も、サジェスト汚染の原因となりえます。

例えば、ある企業の商品やサービスが悪評を受けた場合、その企業に関連するマイナスキーワードがサジェストに表示されることがあります。
偶然にも、企業名が同じ場合や似ている企業名の場合、全く関係がなくても、その企業名に関連付けられてネガティブなサジェストが表示される可能性があります。

自社のブランドや商品と同じ名前を持つ全く別の存在(一般的な用語や有名人の名前など)に関するネガティブキーワードがある場合、それがサジェストに表示されてしまうことがあります。
この影響により、サジェスト汚染が発生する可能性があります。

このような場合、直接的な風評被害は少ないかもしれませんが、企業のイメージに悪影響を与える可能性があります。
そのため、早期の対策が求められます。
具体的には、ネガティブな評判が広がらないようにするための積極的なPR活動や、ポジティブな情報を広める努力が重要です。

悪意ある第三者によるスパム行為

悪意を持った第三者が意図的にサジェスト汚染を引き起こすケースもあります。
いわゆるスパム行為です。
これは、サジェストの仕組みを理解しているユーザーが、特定の企業や個人を攻撃する目的で行うものです。

例えば、ネット掲示板などで特定のキーワードとネガティブなキーワードを同時に検索するよう呼びかけ、それに応じたユーザーが多数検索を行うことで、サジェスト汚染が発生するのです。
このような場合、悪意のあるユーザーが計画的にサジェスト汚染を仕掛けているため、被害を受けた企業や個人は早急な対応が求められます。

他にも、自社の競合他社がビジネスを妨害する目的や、元従業員が企業にダメージを与える目的、またはネガティブなコンテンツを利用して自身のWebサイトに集客し収益化を図る目的など、さまざまな動機でスパム行為が行われることがあります。

スパム行為は各検索エンジンのガイドラインに違反する行為のため、検索エンジンに対して問題のあるサジェストを報告し、削除を依頼することや、法的措置を検討することが考えられます。
検索エンジンはスパム行為を発見すると、そのサイトを検索結果から除外したり、ペナルティを課したりすることがありますが、スパム行為を完全に防ぐことは難しいのが現状です。

このようなスパム行為に対しては、ネガティブな情報に対してポジティブな情報を増やすことで、サジェスト汚染の影響を緩和する努力も必要です。

サジェスト汚染の対策方法

サジェスト汚染は、企業や個人にとって深刻な問題となることが多いため、早急に対策を講じる必要があります。
ここでは、サジェスト汚染対策として効果的な4つの方法を詳しく紹介します。

GoogleやYahoo!JAPANへの削除申請

サジェスト汚染に対する第一歩として、GoogleやYahoo!JAPANに削除申請を行う方法があります。
これには、それぞれの検索エンジンの削除依頼フォームを使用します。

Googleでの削除申請方法

Googleには、削除依頼フォームがあります。
削除申請を行うには、以下の手順を踏む必要があります。

Googleの削除申請フォームにアクセスします。
必要事項を記入し、削除したいキーワードとそれに関連するスクリーンショットを添付します。
送信後、Googleが審査を行い、削除が適切かどうかを判断します。
削除対象となるサジェストは、Googleのオートコンプリートポリシーに基づいています。具体的には、以下のような内容が含まれます。

・危険なコンテンツ
・ハラスメントコンテンツ
・ヘイトコンテンツ
・露骨な性表現を含むコンテンツ
・テロに関するコンテンツ
・暴力や流血
・下品な言葉や冒とく的表現

引用:オートコンプリートポリシー

これらに該当する場合、削除申請が承認される可能性があります。
ただし、削除の判断はGoogleに委ねられており、必ずしも削除が保証されるわけではないことに注意が必要です。

Yahoo!JAPANでの削除申請方法

Yahoo!JAPANも同様に、削除申請フォームを提供しています。

Yahoo!検索 – お問い合わせフォーム

Yahoo!JAPANの削除申請フォームにアクセスします。
必要事項を記入し、削除したいキーワードと関連する証拠を提出します。

Yahoo!JAPANもGoogleと同様に、審査を行い、削除が適切かどうかを判断します。
こちらもGoogle同様に、削除が必ずしも保証されるわけではありません。

各検索エンジンに削除申請を行い、それが承認されれば、サジェスト汚染は解消されます。
これにより、検索エンジンのサジェスト機能から不適切なキーワードが排除され、ユーザーが目にする機会が減少します。

ただし、注意しなければならないのは、ネガティブなサジェストワードが削除されたとしても、その根本的な原因となっている記事やWebサイト自体はインターネット上に残り続けるという点です。
例えば、ある企業に対する批判的な内容の記事が複数のサイトに掲載されている場合、その記事が引き続きアクセスされることで、再びサジェスト汚染が発生する可能性があります。

サイト運営者にネガティブコンテンツの削除依頼

サジェスト汚染の根本的な原因となっているWebサイトやコンテンツを特定した場合、その管理者に直接連絡して削除を依頼する方法が有効です。
ネガティブなキーワードが検索される理由が何かしら存在するため、その情報が掲載されているWebサイトに対して削除依頼を行う必要があります。
削除できないと、多くのユーザーがネガティブなキーワードを検索し続けることで、再びサジェスト汚染が発生する恐れがあります。

Webサイトの管理者に連絡がつかない場合、「Whois情報」を確認してみるのも一つの手です。
Whois情報では、そのWebサイトドメインの所有者情報が公開されています。
ただし、場合によっては、直接の所有者情報が記載されておらず、代行会社の名前が表示されていることもあります。
その際には、Webサイトのホスティング会社に問い合わせて詳細を確認しましょう。

また、SNSやネット掲示板にネガティブな内容が投稿されている場合も同様です。
運営会社に連絡して削除を依頼することが重要ですが、ユーザーの同意が必要な場合があり、すぐに対応してもらえないことが多いです。
特に匿名性の高いSNSや掲示板では、投稿者の特定が難しいため、削除依頼が難航することがあります。
その結果、かなりの時間をかけたにもかかわらず、削除に至らないケースも少なくありません。

以上の方法を駆使して、サジェスト汚染の原因となっているコンテンツを可能な限り削除することが、サジェスト汚染を防ぐための効果的な対策となります。

弁護士に削除対応を依頼

もしGoogleやYahoo!JAPANへの削除申請が承認されず、根本的な原因となっているWebサイトからも対応してもらえない場合は、弁護士に相談するのが効果的です。
その場合、特にインターネットトラブルを専門に対応している弁護士に依頼することをお勧めします。
インターネット関連の各サービスには、それぞれ特有のルールがあります。
例えば、掲示板に投稿された情報がサジェスト汚染の原因となっている場合、その掲示板のルールに従わなければ情報を削除できません。

専門知識のある弁護士に依頼することで、これらの複雑なルールを理解し、適切に対応してもらえる可能性が高まります。
インターネットトラブルに詳しくない弁護士に相談すると、対応がスムーズに進まないことがあるので注意が必要です。

<弁護士への依頼手順>

1.専門弁護士の選定
インターネットトラブルに詳しい弁護士を探し、相談の予約をします。

2.相談と証拠の提出
問題の詳細を説明し、必要な証拠(スクリーンショット、関連するURLなど)を提供します。

3.削除申請代行の依頼
弁護士に削除申請の代行を依頼し、企業側と交渉してもらいます。
送信防止措置依頼書をサイトの運営会社やプロバイダに提出してもらうことで、削除対応が進みやすくなります。

4.IPアドレスの開示請求
投稿者が特定できない場合、誹謗中傷投稿を行った相手のIPアドレスの開示請求を実施します。
IPアドレスを特定できれば、投稿者をより特定しやすくなります。

弁護士に依頼することで、裁判沙汰になった場合でも安心です。
ただし、弁護士に依頼するには時間と費用がかかることを覚悟する必要があります。

また、ネガティブコンテンツを削除できたとしても、すぐにサジェスト汚染が完全に解消されるわけではない点にも注意が必要です。
誹謗中傷コンテンツの削除を弁護士に依頼する際の詳細については、専門の解説記事などを参考にすると良いでしょう。

サジェスト汚染の専門業者に対策を依頼

サジェスト汚染に悩まされている場合、迅速かつ効果的な対策が必要です。
その場合、サジェスト汚染の専門業者に依頼する方法があります。

サジェスト汚染対策を専門に扱う業者に相談するのは有効な手段です。
これらの業者は、検索エンジンに関する専門知識とノウハウを持っており、効果的な対策を提供できます。
サジェスト汚染の専門業者は、サジェスト表示の仕組みを利用して、ネガティブなサジェストが表示されないようにするよう対策を講じます。

専門業者に依頼する際には、費用と提供されるサービス内容を事前に確認することが重要です。
一般的には、数万円から10万円程度の費用がかかることが多いです。
また、業者によっては、1つのキーワードごとに契約するケースもあります。

自分が置かれているサジェスト汚染の状況に応じ最適なサービスを選ぶために、複数の業者に問い合わせてサービス内容を比較することをおすすめします。

このようなサジェスト汚染対策を自前で行うことも可能ですが、その効果には限度があります。
検索エンジンの仕組みやアルゴリズムに精通していないと、十分な効果を得ることが難しい場合があります。
専門知識を持つ業者に依頼することで、風評被害防止の効果をより確実に実現することができます。

サジェスト汚染対策のベストプラクティス

サジェスト汚染の解決には、サジェスト汚染対策の専門業者に依頼することが最も効果的です。
ご自身でのサジェスト削除申請やコンテンツの削除依頼、弁護士への削除代行依頼など、サジェスト汚染の解決方法は様々です。

ただし、サジェスト汚染対策は、専門知識と経験が必要な複雑な作業です。
検索エンジンのアルゴリズムやポリシーを深く理解していないと、効果的な対策を講じることは難しいでしょう。
また、サジェストの削除申請やコンテンツの削除依頼、弁護士を通じた削除申請には、多大な時間とリソースが必要となります。
自社内でこれらを全てカバーするのは非常に厳しいと言わざるを得ません。

サジェスト汚染の対策は一筋縄ではいかず、状況に応じた最適な方法を選択する必要があります。
自社だけで対策を進めるのは難しい場合が多いため、サジェスト汚染のプロフェッショナルに依頼することが得策です。
サジェスト汚染対策の専門業者の力を借りて、効果的かつ効率的にサジェスト汚染を解消し、ブランドイメージを守りましょう。

サジェスト汚染に関するお問い合わせ

当Webサイトおよび当サービスに関するお問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。
※当チームは、エンジニアを主とするチームの為、お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お電話にてご相談されたい場合は、お問い合わせフォームにお電話番号をご入力の上、お問い合わせください。


    会社名

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号

    当チームからの連絡方法(必須)

    お問い合わせ種別(必須)

    お問い合わせ内容


    「SUGGET-PR.com」へのお問い合わせは、個人情報保護方針 にご同意いただき、お送りください。


    関連記事一覧