GoogleやYahooのサジェストを削除する方法

GoogleやYahooの検索窓に、検索したいキーワードを入力すると、その検索キーワードに関連するキーワードの一覧が検索窓の下に自動で表示されます。
この機能をサジェストといいます。
Suggest(サジェスト)は、直訳すると「提案する」という意味になり、検索ユーザーが知りたい情報に適切かつ迅速にアクセスできるよう「キーワードを提案してくれる」便利な機能です。

サジェストとは?

サジェストはとても便利な機能ですが、このサジェストにネガティブなキーワードが表示されてしまうことで風評被害を受けてしまうことがあります。
例えば、検索窓に「会社名」を入力した際のサジェストに「会社名 ブラック」や「会社名 詐欺」などのネガティブなキーワードが表示されるようなケースです。
このようにサジェストにネガティブなキーワードが表示されている状態を「サジェスト汚染」といい、サジェスト汚染に侵された企業やサービスは様々な被害を被る恐れがあります。

サジェスト汚染

サジェストが表示される仕組み

サジェストを表示させるアルゴリズム(仕組み)は、GoogleとYahooにより異なります。
そのため、同じキーワードを検索窓に入力した場合、GoogleサジェストとYahooサジェストに表示されるキーワードは異なります。

では、GoogleサジェストとYahooサジェストで、サジェストを表示させるアルゴリズムにどのような違いがあるのでしょうか。

GoogleサジェストとYahooサエジェスとの仕組みの違いについて解説いたします。

Googleサジェストが表示される仕組み

Googleサジェストは、過去に検索ユーザーが検索したキーワード(検索クエリ)をアルゴリズムの重要な指標としています。

例えば、とある芸能人が不倫したという情報が報道されると、多くの人が「芸能人の名前 不倫」や「芸能人の名前 浮気」という検索キーワードで多くの検索がされます。
このように検索されたキーワードの情報(「芸能人の名前 不倫」や「芸能人の名前 浮気」)がデータとして蓄積され、Googleサジェストのアルゴリズムの一因となります。

また、検索されたキーワードに加えて、Webサイト上に検索されたキーワードに関連する情報が存在していることも、Googleサジェストのアルゴリズムの一つです。
前述した例でいうと、「不倫した芸能人に関する情報」が様々なWebページに掲載されるということです。
芸能人の不倫に関する情報は様々なニュースサイトに掲載されるだけでなく、ブログやTwitter・FacebookなどのSNSでも掲載されます。

このように、Googleサジェストのアルゴリズムは
検索されたキーワード(クエリ)
検索されたキーワードに関連するページがある
という指標から、サジェストに表示されるキーワードを決定しています。

Yahooサジェストが表示される仕組み

Yahooサジェストは、Googleサジェスト同様、検索クエリ(検索されたキーワード)をアルゴリズムの重要な指標としています。

ただし、YahooサジェストはGoogleサジェストと異なり、「検索クエリに関連する情報がWebサイト上に存在すること」は重要視していません。

Yahooサジェストは、Twitterのトレンドのように、検索キーワードが多く検索されることにより表示されやすくなります。

サジェスト汚染による様々な悪影響

ご紹介しました通り、サジェストはユーザーが関心や興味をもっている情報へ適切かつ迅速にアクセスできる為の便利な機能です。
ところが、企業名・個人名・サービス名・店舗名・商品名、これらのキーワードで検索した際のサジェストにネガティブなキーワードが表示されることで、検索ユーザーはこれらの情報が掲載されたページへアクセスしやすい状況になってしまいます。
このような状況を「サジェスト汚染」といい、表示された企業やサービスは風評被害を被る恐れがあります。

対象サジェスト汚染の表示キーワード想定される風評被害
企業名ブラック、過労死、パワハラ
セクハラ、宗教、リストラ
詐欺、悪徳、偽装、反社
事件、訴訟、営業停止
行政処分、倒産、未払い、脱税
リクルート活動に対する悪影響
既存社員のモチベーション低下
新規顧客獲得(営業活動)への障害
既存顧客からの解約や取引停止
銀行や不動産(賃貸)会社に対する信用力低下
個人名逮捕、犯罪就職活動に対する悪影響
賃貸契約や借入の際の信用力低下
サービス名ネズミ講、マルチ、怪しいサービスのイメージ悪化・売上減少
クリニック名失敗、事故、裁判新規患者の契約破断・売上減少
商品名不良品、欠陥、解約商品の販売低下・売上減少

このようなネガティブなキーワードが表示されると、検索ユーザーはどのようなイメージをもたれるでしょうか。

もしも、貴社との新規取引を考えている時に、「悪徳」「偽装」などサジェスト汚染が確認されることで、会社に対してマイナスイメージを抱かれ、折角の新規取引が破断になることもあります。
また、リクルーティング活動にも大きな影響を与えます。
多大な費用や時間を費やしたにも関わらず、内定辞退を招く恐れやや既存社員の退職を誘発してしまう要因にもなってしまいます。

サジェスト汚染の解決方法

サジェスト汚染は単なるイメージの悪化だけにとどまらず、営業活動や採用活動など企業経営に対し、様々な実害をもたらす可能性がある為、一刻も早いサジェスト汚染の解消が必要不可欠です。

では、このようなサジェスト汚染の状態をどのように解決すればいいのでしょうか。

サジェスト汚染を解決する方法はいくつか手段があります。

検索エンジンに対しサジェスト削除申請を行う

サジェスト汚染を解決する方法として、先ず試してみたいのは、検索エンジンに対するサジェストの削除申請です。

Googleサジェスト汚染であれば、Googleへ。
Yahooサジェスト汚染であれば、Yahooへ。

それぞれの検索エンジンに対してサジェストの削除申請をしてみましょう。

Googleサジェストの削除申請

Googleサジェストは、正式名称「Googleオートコンプリート」といい、Googleでは、オートコンプリートポリシーというガイドラインを設けています。

暴力的または残虐な内容の検索候補
見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。

露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補
露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。

特定の集団に対して差別的な内容の検索候補
特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。

著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補
著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。

危険な検索候補
人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。

出典:オートコンプリート ポリシー

このオートコンプリートポリシーに違反していると考えられる場合は、問題を報告することが可能です。

検索候補を報告する
Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、必ずしも常にそれが実現できているとは限りません。表示された検索候補がオートコンプリート ポリシーのいずれかに違反していると考えられる場合は、次の手順で問題を報告してください。

検索バーで、検索候補の下にある [不適切な検索候補の報告] をクリックします。
フィードバックを入力して [送信] をクリックします。
お送りいただいたフィードバックは分析いたしますが、ご報告いただいた検索候補が自動的に削除されるわけではありません。あらかじめご了承ください。

出典:検索候補を報告する

1.対象のサジェスト汚染が確認できる画面を表示

はじめに、Googleの検索窓にサジェスト汚染が確認できるキーワードを入力し、サジェスト汚染が確認できる画面を表示します。

右下に「不適切な検索候補の報告」とありますので、クリックします。

Googleサジェスト削除申請_不適切な検索候補の報告-1

2.不適切とされる検索候補とその理由について報告

次に、不適切とされる検索候補はどれですか?
という問いに対して、サジェスト汚染の対象となるキーワードをチェックします。
キーワードは複数チェックすることが可能です。

チェックしたキーワードがどのような理由で不適切に該当するかを選択します。
・関連性が低い
・暴力や残虐行為
・露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容
・差別的
・デリケートまたは中傷的
・危険または有害なコンテンツ
・上記以外の理由で不適切である

何れかの理由にチェックをし、右下の送信をクリックすればGoogleへのサジェスト削除申請は完了です。

Googleサジェスト削除申請_不適切な検索候補の報告-2

こちらの方法は、手軽にサジェストの削除申請ができますが、Googleから削除に対する回答はなく、手軽な申請方法だけに、申請が通る可能性が低い方法となります。

Googleサジェストの削除申請(法的に違反している場合)

問題となっているサジェスト汚染の状況が法律に違反しているような場合は、法律に基づく削除に関する問題を報告するという別の申請フォームからサジェスト削除を申請することが可能です。

1.申立人の情報を入力

「居住国」はデフォルトで日本になっていますので、残りの必須項目の「戸籍上の姓名」と「連絡先メールアドレス」を入力します。
加えて、法人の場合は「会社名」を入力、法的権利の代理人を務める企業や組織の場合は、その名前を入力します。

2.権利侵害にあたるとお考えのコンテンツ

2-1.コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード

サジェスト汚染が確認された検索キーワードを入力します。

(例)株式会社○○○
会社名や個人名、サービス名や商品名などのキーワード。

2-2.検索キーワードの入力中に表示された、不適切とお考えの予測キーワード

サジェスト汚染の対象となるキーワードを入力します。
対象キーワードが複数ある場合は、改行して入力しましょう。

(例)株式会社○○○ 行政処分
株式会社○○○ 業務停止

2-3.権利侵害にあたるとお考えのコンテンツが表示される国

デフォルトで日本になっていますので、このままでOKです。

2-4.ご自身の国で適用される法律に従いその検索候補が違法となる理由をできる限り詳しくご説明ください

一番、重要な箇所です。
どのような法律的な問題があるのかを詳細に入力しましょう。

(例)弊社の名前「株式会社○○○」をGoogleで入力すると、「株式会社○○○ 行政処分」「株式会社○○○ 業務停止」というキーワードが表示されます。
弊社では、過去に行政処分や業務停止といった命令を受けた事実はなく、□□□という法律に違反しており名誉棄損であると考えております。
既存の取引先や営業活動に支障が出ており、一刻も早い削除対応を求めます。

該当のキーワードがどのような法律に違反しているのかを具体的に入力する必要があります。

2-5.スクリーンショットを添付

サジェスト汚染のスクリーンショットがあれば添付します。

申請内容が虚偽でないことに関する同意にチェックをします。

3.署名

署名をし送信したら申請は完了です。

Googleに削除申請の内容が届くと、申請を受理した旨の自動返信メールが届きます。
その後、削除に応じるか否かの結果がメールで通知されます。
早いケースで1ヶ月程度、遅いケースだと数ヶ月かかる場合もあります。

Yahooサジェストの削除申請

Yahooサジェストの削除は、Yahoo!JAPANのヘルプセンターのお問い合わせフォームから申請することが可能です。

1.Yahoo!JAPANにログイン

上記リンク先の「お問い合わせ」をクリックすると、Yahoo!JAPANへのログインを求められます。
Yahooサジェストの削除申請にはYahoo!JAPANへのログインが必須です。
Yahoo!JAPANのIDをお持ちでない場合はIDを作成する必要があります。

ログインをすると、情報提供についての同意を求められます。
「同意してはじめる」をクリックします。

2.関連検索ワードの情報削除

どの検索についてのお問合わせですか
という確認がでますので
一番下の「関連検索ワードの情報削除」にチェックをし「次へ」をクリックします。
※関連検索ワードという表記になっていますが、サジェストの削除もこちらからで大丈夫です

3.削除内容の詳細について入力

3-1.検索結果ページのURL

Yahooサジェスト汚染が確認できるキーワードを検索した結果ページのURLを入力します。

検索結果ページのURL

画像の赤枠箇所をコピーしペーストすればOKです。

3-2.関連検索ワード

サジェスト汚染の対象となっているキーワードを入力します。
対象キーワードが複数ある場合は、次の箇所に入力しましょう。

(例)株式会社○○○ 詐欺
株式会社○○○ 逮捕

3-3.詳細

削除を希望する理由や補足の説明を入力します。
より詳細に削除してほしい内容を入力しましょう。

(例)弊社名「株式会社○○○」をYahoo検索で入力すると、「株式会社○○○ 詐欺」「株式会社○○○ 逮捕」という事実無根のキーワードが表示されています。
弊社にて調査しましたが、過去に詐欺を行ったこともなく逮捕をされたこともありません。
新規の営業活動や採用活動に影響がでている為、至急削除対応いただきたくご連絡いたしました。

4.内容を確認し送信

最後に申請内容について確認のページが表示されます。
「次へ」をクリックすればYahooサジェストの削除申請は完了です。

サジェストの削除申請が通った場合は、申請から最短1日で削除が完了します。
平均すると1週間~10日程度で削除が完了します。
Yahooの場合、削除申請が通ったか否かの通知は届きません。
申請が通った場合のみ当該のサジェストキーワードが削除されます。
1週間前後を目安にサジェストが消えたかどうかを確認しましょう。
10日経過してもサジェストが削除されていない場合は申請が通らなかった可能性が高いです。

弁護士にサジェストの削除申請の代行を依頼する

Googleへのサジェスト削除申請やYahooへのサジェスト削除申請を行っても、サジェスト汚染をご自身で解決することができなかった場合は、弁護士に削除申請を依頼する手段があります。
弁護士はいうまでもなく法律の専門家です。
法律の専門家である弁護士に依頼することで、削除申請が成功する確率が高くなります。

弁護士への削除申請を依頼する場合は、インターネットの風評被害対策などに専門の知識をもっている弁護士や過去にサジェスト汚染の解決をした実績がある弁護士に相談しましょう。

ただし、もちろん無料で削除申請を行ってくれる弁護士はいません。

相談の段階や申請前の着手時に相談料や着手金として費用が発生する弁護士も少なくありません。
また、サジェスト削除申請の代行をしてもらってもサジェスト汚染が必ずしも解消される保証はありません。
サジェストが消えない場合も支払った費用が帰ってくることはありません。

このように、成果にコミットできなかった場合、大きな損失だけ残ってしまうリスクもついてきます。

弁護士への削除依頼を代行する場合は、費用面が大きなデメリットです。

サジェスト汚染対策の専門会社に依頼する

ご自身でGoogleやYahooに削除申請をしてもサジェスト汚染が解決されなかった。
弁護士に削除申請の代行を依頼してもサジェスト汚染が解決されなかった。

そのような場合は、サジェスト汚染対策を専門としている会社があるので相談をしてみましょう。

私たち「SUGGEST-PR.com」は、サジェスト対策の専門チームです。

サジェストの削除成功率も高く、キーワードによっては最短翌営業日に削除することも可能です。

費用については、GoogleサジェストとYahooサジェストで異なります。
また、サジェスト汚染の状況により難易度が異なる為、詳細についてはお問い合わせください。

当Webサイトおよび当サービスに関するお問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。
※当チームは、エンジニアを主とするチームの為、お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お電話にてご相談されたい場合は、お問い合わせフォームにお電話番号をご入力の上、お問い合わせください。

    会社名

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号

    当チームからの連絡方法 (必須)

    お問い合わせ種別 (必須)

    お問い合わせ内容

    「SUGGET-PR.com」へのお問い合わせは、個人情報保護方針 にご同意いただき、お送りください。

    関連記事一覧